全く新しいがん治療

笑顔の看護師

がん治療の基本

がんの治療は、外科手術による摘出、抗がん剤投与による治療、そして放射線照射によるがん細胞破壊の3つが主な治療方法です。この3つはがんの三大療法と呼ばれ、現在のがん治療の主流となっています。これら3つの治療は、効果はあるのですがその分負担が大きく、患者の体力も懸念材料の1つでした。しかし、現在これらは医学の進歩により、昔に比べて患者の負担も副作用も少なくなりました。

新たな治療方法

上記した3つに加え、現在新たな治療方法が研究されています。それが、免疫治療です。免疫治療とは、体内の免疫細胞を強化してがん細胞を攻撃する治療方法であり、手術や投薬ではなく、自己の力でがんを克服するといった治療方法です。そのため、外科治療のように体を切開して負担を与えたり、抗がん剤治療のように副作用が長続きするといったリスクを減らせる新しい治療として、注目されています。

早期発見早期治療が基本

がん治療は症状が早期であればあるほど治療後の負担は軽くなります。逆に発見が遅れれば、拡大し、様々な箇所に転移しているため治療ができないというケースもあります。よって、がん検診や人間ドックで1年毎に確認しましょう。

免疫治療が選ばれるメリット

no.1

負担がほとんど0

免疫治療で一番注目されているのが、負担の少なさです。手術による体の負担や抗がん剤による副作用など、従来の治療方法は体に負担をかけるものが多めです。しかし、免疫治療はそういった副作用が少なく、ほとんど負担がないのが特徴です。

no.2

ダメージはがん細胞のみ

今までの抗がん剤治療は、がん細胞の他に健康的な細胞にもダメージを与えていました。しかし、免疫治療はがん細胞にのみ作用するため、体に負担が殆どかからず、ピンポイントでがん治療を行なえます。そのため、味覚障害や脱毛などのリスクも抑えることができます。

no.3

他の治療と併用可能

免疫治療は、他の治療と併用して行なうことができます。つまり、免疫治療などでがん細胞の進行を防ぎ、そのまま外科治療で摘出などの手段を取ることが出来るのです。現に、現在免疫治療は他の治療と併用して行なわれていることが殆どなのです。

no.4

転移したがんにも効果的

がんは、転移します。そのため、他の部位に転移すると治療の手間も倍になってしまいます。しかし、免疫治療ならば体内の活性化した免疫細胞によってがん細胞を駆逐してくれるため、初期段階のがんならばそのまま死滅もしくは進行を遅らせることが可能なので治療もしやすくなります。

no.5

大きな安心感

現在、全ての病院で免疫治療を行なっているわけではありません。医療実績を豊富にもつ医師のみが行なえる免疫治療には誰もが安心して取り組めるでしょう。家族も患者にも安心感を与えるこの治療法は、今後さらなるニーズに応える為、今進化する段階にあります。

[PR]

免疫細胞治療の特徴を徹底解説!
病気を撃退☆

梅田クリニックに予約しよう★
電話から可能です。

エクオールの詳細
食生活を改善しちゃおう

[PR]

広告募集中