免疫治療の現在を見る|がんに対する新たな治療!免疫治療について学びましょう

個人差のある効果

まだ研究段階のためか免疫治療で容体が回復した人もいれば、特に効果は感じなかったという人もいる他病院によって効果はまちまちです。そのため、もし免疫治療を行なうのであれば、できるだけ免疫治療に力を入れている病院を探しましょう。そこで免疫治療に関して質問し、免疫治療を行う必要があるのかどうかを確認し、依頼しましょう。

最新の免疫治療について教えてください!

何故、ここまでの治療効果をもたらすことができるのでしょうか?

がんを治療するには、自身のリンパ球を増やして病原菌に直接働きかけることが不可欠です。免疫治療はリンパ球のように、もともと備わる自然治癒力を用いている為、抗がん剤のように負担を掛けることなく望ましい結果を得られるのです。

そもそもリンパ球が多い方がいいんでしょうか?

質問通り、リンパ球の数が多ければ多いほどがん細胞へ攻撃するパワーが強まります。しかし、体外での培養時間が長くなったリンパ球は短命の為に、長期的な効果を期待できません。従っていかに長命のリンパ球にするかが大きな鍵となります。

免疫治療は誰が受けても大丈夫ですか?

どんなに効果的な治療法だとは言っても、誰もが適した治療法とは言えません。免疫治療が適さない人には次のような人がいます。・感染症によって熱発している人・感染症に限らず熱発している人こうした人達は体調が落ち着いてからの治療開始となるので、医師の指示に従うことをおすすめします。

副作用が出ないと言いますが、やはり少し心配です・・

治療中の副作用は誰もが心配になる要素ですよね。免疫治療によって、軽い炎症などの副作用が生じる可能性はありますが、例えば40度近い高熱が出るなど重度の副作用が生じることはほぼありません。その点は安心して治療を受けられるでしょう。

免疫治療の現在を見る

男女

免疫治療はまだ研究段階

免疫治療は確かに完成すれば副作用のない治療方法となりますが、実際のところはまだ研究段階であり、実用化にはもう少し時間が必要だというのが現状です。さらに、もし行なうのでしたら自由診療扱いになるので、保険が適用されないというリスクも存在します。具体的な料金としては100万以上することがほとんどです。その為、今はまだ手軽に受けられる治療法とは言えませんが、近い将来保険適用となり、誰もが満足して受けられる治療法になることが望まれています。

従来の治療との併用

現在の免疫治療は、従来の治療法と併用して治療が行われています。そのため、免疫治療だけでガンの治療を行うことは基本ありません。近年の治療は患者に負担があまりかからない治療をしており、免疫治療と組み合わせることで負担はさらに軽減されています。なお、初期段階のがんであれば免疫治療に頼る必要性はありません。簡単な手術で摘出が可能であり、抗がん剤の投与も微小で済むので副作用の期間は非常に短いです。

広告募集中